2021.5.11 vol.592

**~5/11号のLINE UP~**
軽減税率って結局いつまで?
募集@投票ひろば「テイクアウトの利用状況」
花粉シーズン終盤!今年の対策費は?

藤島☆結@ナビゲーターがお届けします(^^)/
鯉のぼりのように力強く…五月晴れのように爽やかに…今の状況への願いです

〈1〉軽減税率って結局いつまで?

数年前のマム☆レターでは、「ゴールデンウィークは家族旅行をするのが恒例」と書いていたものですが・・・ここ奈良県でも昨年より厳しい自粛要請がなされ、普段の生活圏から移動することのない5日間を過ごしました。
考えようによっちゃ、節約できて家のことも片付き、これはこれで良かった点もあります。
が、まだ手のかかる小さなお子さんがいるご家庭など、状況によっては大変だったろうと思います。

公園のツツジが青空の下で満開でしたが、駐車場や併設施設が閉鎖されていたので見る人は少なく。

特に飲食店は自治体からの時短営業の協力願いに従い、多くの店が早めにクローズしていました。
我が家も外食は一度もせず。
そこで藤島☆夫が庭で“キャンプ飯”を作ってくれました。

ダッチオーブンでトロトロに煮込んだビーフシチュー、美味しかったです^^

ところでみなさん覚えているでしょうか?
外食は消費税率10%ですが、一般食料品やテイクアウトは軽減税率が適用されて8%だということを。
なんだか最近は、密を避けるために外食を控えましょう、という話題が中心で忘れかけていましたが、その前に、節約という観点からも、外食(イートイン)しない方がお得な状況は続いているのです。

この軽減税率、いつ終了するかは特に決まっていないそうです。
消費税改正と同時に定まったことなので、法改正されない限り続くものらしいです。

さてイートインとテイクアウトの違いについて、少し判断に迷いそうなケースをおさらいすると・・・

★セルフサービスの飲食店は、椅子、テーブル、カウンターがあるので10%
★屋台でも、自ら椅子、テーブル、カウンターなどを設置していれば10%
(縁日の屋台などで自ら用意した飲食設備がない、または使用許可を得た飲食設備がない場合は8%)
★ショッピングセンターのフードコートで飲食させる店は10%
★ファストフードのテイクアウトは8%
★ピザやそばなどデリバリーは8%
★ケータリングや出張料理は10%
(学校給食や介護施設での提供は8%)

また、飲食料品の中でも「酒類」と「医薬品・医薬部外品」に関してはどのような場合でも10%です。




 

[PR]FavoriteStyle
FavoriteStyle

〈2〉募集@投票ひろば「テイクアウトの利用状況」

消費税改正とコロナ禍の影響下で、読者のみなさんのテイクアウトの利用状況に変化はあったのでしょうか?
私は、通りすがりに見かけることが増えた「お弁当始めました」の案内に、何度もフラフラと誘惑されては我慢したり我慢できなかったりしていますっ
そして、家族が揃う休日の昼間に利用することが増えた、大手ファストフードのテイクアウト。
アプリで注文して支払いまで済ませると、番号を控えて店舗に行けばカウンターにもう用意されていて、引き取るだけでOK。とっても便利でつい気軽に注文したくなってしまいます。

みなさんはどうでしょうか。
こちらの投票にお付き合いください♪


~~投票ひろば☆アンケート~~

「テイクアウトの利用状況」

お弁当やファストフードなど、ここ1年間でテイクアウトの利用状況に変化はありましたか? コメント欄には、よく利用するテイクアウトの店の種類や、利用して良かった点または不満点をお書きください。

1. 以前から利用していて、最近は利用が増えた
2. 以前から変わらず利用している
3. 最近利用をはじめた
4. (あまり)利用していない

  ◇投票はこちら♪  



 
〈3〉花粉シーズン終盤!今年の対策費は?

前回の投票ひろばのテーマ「今年の花粉症対策費の総額は?」の回答結果は以下のようになりました。


1. ほとんど費用をかけていない(0円) 60.7%
2. ~3,000円 10.7%
3. 3,000~10,000円 25.0%
4. それ以上 3.6%

「ほとんど費用をかけていない」が6割を超えましたが、コメントを見ると、マスクがコロナ対策の必需品となったため、新たに花粉症対策として買う必要が無かった、という声もありました。
およそ4割の読者が花粉症の対策費を必要としており、これはネットで散見する調査結果「日本人の約4割が花粉症」という情報に一致しています。
日本ではもう随分長い間・・・花粉症に苦しむ人の数、減りませんね(涙)

経験者は語る!
コメント欄に共感できる体験談や有益な情報をお寄せいただいていますので、ご紹介します。

★『目薬はけちらず市販でも良いものを選んでます!
★『花粉症状が夏の3ヶ月を除き年中あるのでお医者様に処方箋を出してもらい飲んでいる費用です。払っているのが1万円以上という事は保険でそれ以上お世話になっているということ。申し訳ないので同じお薬が市販されたらそちらで買いたいと思っているくらいです
★『1月からの医療費、薬剤費を含めれば、10,000円超えは確実。処方薬も点鼻薬や漢方は高いです。公共交通機関利用時は、マスクを着用していても咳、くしゃみはコロナ禍の最中で気を遣い、大変でした
★『毎年、アレルギー薬を2か月分ほど購入します
★『医者で処方の飲み薬と目薬・鼻薬を、早めから使用したので軽くて済んだ
★『主人が3月早々に近所の耳鼻科に通院し、内服薬・点鼻薬・点眼薬を処方されました
★『近大サプリ青みかん & 病院で処方の薬
★『妻の花粉症は毎年大変でした。鼻はグジュグジュ。クシャミはひっきりなし。目は充血して涙。それほど重症だったんだけどある物を呑んでからピタッと治った。それは卵黄醤油です

気になる情報はあったでしょうか?
全てのコメントは下記リンク先でお読みいただけますよ♪

  投票ひろばはこちら  

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪
次号は6月8日(火)発行です。またお会いしましょう☆(*´∇`)ノ~。.:*:・’°



 



  • バックナンバーはこちら
  • 掲載の会社名・商品名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
  • 2021年5月11日時点の情報です。

 

PAGE TOP
MENU