2022.5.17 vol.604

**~5/17号のLINE UP~**
値上げラッシュ!節約意識の変化を伺います
報告@投票ひろば「ご自宅の掃除機はどれ?」
五月病を癒やしたい

藤島☆結@ナビゲーターがお届けします(^^)/
若葉が日に日に緑を濃くしています


てきぱき家計簿マム9

〈1〉値上げラッシュ!節約意識の変化を伺います

ゴールデンウィーク後半は良いお天気に恵まれましたね。

和歌山県南部の海です。
南国の緑は既に青々と生い茂り、晴れ渡った空と海は夏の色に近づいていました。
爽やかな空気をのびのび吸い込む息子の後ろ姿です。
3年ぶりに制限なしのゴールデンウィークだった訳ですが、みなさんは命の洗濯になるような体験ができたでしょうか?
時には心配ごとを忘れてリフレッシュする時間を持ちたいものです。

悲しいかな、現実は厳しい。
正直あまり直視したくない気分ですが、ご存知のように今年は電気・ガス料金や多数の食品が値上げへ。
原油や原材料価格の高騰で、普段の生活に欠かせないモノが値上げになるため、家計への打撃が心配されます。
よく買っている加工食品や調味料、お菓子やお酒が、ホントに高くなっている。
子どもたちは食べ盛りを迎えているというのに・・・そして藤島夫妻はいくつになっても食べ盛りな上、お酒の美味しさまで覚えてしまったというのに^^;

普段、そんなに贅沢はしていないので、これ以上ムダをなくすといっても、あまり思いつきません。
とりあえず、マヨネーズや醤油などの調味料を、お皿に余るほど使いたがる藤島☆夫に、改めて注意を促しておきましたっ
食べたいものは結局ガマンできずに食べてしまいそうなので、我が家では食品の使い切りを意識していこうと思います。

家計簿マムではレシート入力時に商品単価まで丁寧に記帳し、「底値表」で気になる品物の価格の変化に注意して、お店を替えたり代替商品にしたりという工夫もしてみようかな。
お店毎の月計・年計の推移や、買い物明細の確認は「店名別集計」から行えますよ。

それでは、ここでアンケートです。
今年の値上げラッシュによって、節約意識に変化はありましたか?


~~投票ひろば☆アンケート~~

「最近、節約意識に変化はありましたか」

値上げラッシュの2022年。最近、節約意識に変化はありましたか? コメント欄には値上げを実感した出来事や、節約や見直しをしたい(した)ことについてお答えください。

1. 節約意識が高まった
2. 変わらない
3. 前より散財しているかも!?

  ◇投票はこちら♪  




 
〈2〉報告@投票ひろば「ご自宅の掃除機はどれ?」

コード式掃除機(紙パック)を使用中の方から、こんなコメント。
★『約20年使用しており買い換えたいと思っていますが、どの方式にするか迷っています

そんなお悩みを解決する一助になるでしょうか。
まずは投票結果をご覧ください。
4種に分けた掃除機それぞれについて、持っている方の割合は下記のとおりでした。


1. ロボット掃除機 12.2%
2. スティック型(コードレス)掃除機 51.6%
3. コード式掃除機(サイクロン) 31.1%
4. コード式掃除機(紙パック) 43.3%

およそ2家庭に1つは、スティック型掃除機があるという結果。
コードが邪魔にならず、取り回しの良いスティック型。
私も約5年、スティック型にお世話になっていましたが、気がついた時にすぐ使えて、階段や壁面、棚などにも使えるところが気に入っていました。
現在、単体でお使いの方の中から、代表的なコメントを選んだのがこちら。
★『コードレスは、使い勝手が良いです。
掃除の回数が増えました。。
しかし、15分ほどで充電が切れるので、効率よく掃除しないと全て掃除ができません_| ̄|○

挙がった課題点をまとめてみると、
・使用可能時間が足りない(充電切れ)
・バッテリーが消耗品で高価
・吸引力が足りないと感じる場合がある
・重い機種だと取り回しが悪くなる
などでした。
気になるメーカー名は、投票ひろばの結果コーナーでご確認くださいね。

また、スティック型を持っている方のうち、およそ半数は他タイプの掃除機と併用して使い分けていることが分かりました。
それぞれの使用感は、購入した機種とご自宅の状況・使用者との相性にもよりますので、一概に良し悪しが判断できませんが、詳しく比較してくださったコメントを幾つかご紹介しましょう。

★『我が家では冷蔵庫の次に使用頻度の高い家電。かつては2、3年で壊れていたので安価な物を使うようにしていたのですがやはり吸引力と使い勝手が悪くきちんとした性能の物に限ると…。コードレスの弱点はバッテリーの劣化が早いこと、使用可能時間の短いこと。コード式でもサイクロンはフィルター詰まりで只の箱と化すこと。いろいろ考慮の結果自分の中ではコード式紙パックが一番という結論に至っています

★『今まではコード式サイクロン掃除機を使っていましたが、吸引力が強く疲れたり、移動など掃除をするのが大変でした。ステッククリーナーを買いましたが吸引力がいまいちなのでロボット掃除機が安価で通販店で販売していたので購入しました。スティック掃除機掛けをした後でロボット掃除機使用し終了し見てみるとゴミが沢山取れました。今後はスティック掃除機とロボット掃除機を併用して掃除したいと思います。ただバッテリー寿命が問題です

★『あれこれ買っては見ましたがロボットと紙パックはあまり使ってません。犬の毛が見つかったときはコードレスでササッと目に付くところだけ、お部屋全体に気合を入れてというときはやはりサイクロンですね

サイクロンと紙パックの比較では、紙パックを選んだ方が若干多いという結果でした。
手入れのしやすさが好まれているようです。

そして2000年代に入って登場したロボット掃除機。
1割強のお宅で働いていることが分かりました。
★『家の床からホコリが消えました!もう手放せません!毎日決まった時間に勝手に掃除を始めてくれるんですもん!ただ、ル〇バちゃんが行けない階段にホコリがたまってしまう・・・誰か掃除してくれないかな
我が家のような障害物だらけの床でも掃除してくれる新機種が登場したら、使ってみたいものです!

掃除機は清潔で気持ちの良い家にするための大事なパートナー。
まだまだ進化を続けていますので、コレという一台を見つけて活用できると良いですね。

  投票ひろばはこちら  


 
〈3〉五月病を癒やしたい

コロナ禍による将来不安や孤独感から多くの若者が無気力に陥っている、という話を耳にします。
ニュースサイトを検索すると、「何もしたくなくなる」「何事に対しても無感動」「簡単なタスクや人付き合いが面倒」などのキーワードが浮かんできました。

我が家も無関係ではなく、私と中学生の娘は、ライフステージの変化と重なって、ここ最近、心がお疲れ気味。
元気がいいのは小学6年生の息子だけです。

この息子、本当に片付けができません。
出したものを出しっぱなし、食べ物をこぼす、モノを汚す・壊す・・・
よそのお子さんも、こんなものですか(T_T)?
彼のいた空間は、わずかな時間で、本当にゲンナリするくらい汚れるのです。

そんな息子と、母の日に2人で買い物に出かけました。
ショッピングモールには特設コーナーができてきて、カーネーションなどの花を中心にプレゼント用の品物がずらり。
目を惹いたのは様々な品種のアジサイです。
色も花びら(ガク)の形や重なりも、バリエーションが多くて見ごたえがありました。

息子は、無気力とは正反対の感動屋さん。
いろいろなアジサイを「可愛い」「きれい」と一緒に見比べているうちに、いつの間にか購入意欲が湧いてきて、店員さんに話を聞きながら選んだ一株が自宅にやってきました。
それがこちら。
『星あつめ』という名前で、昨年誕生したばかりの品種だそうです。
確かに、小さな星が寄り集まってキラキラ輝いているような印象です。

留守番をしていた娘も、この花を見て「可愛い!」と感激。
「アジサイちゃんを育てるのは私だ」と、毎日の水やりを買って出てくれました^^

息子は苗のコーナーで美味しそうなイチゴの写真を見つけ、「食べたい!」と興奮して苗を購入。
自分で育て方をパソコンで調べ、必要なグッズを揃え、あっという間にベランダ栽培を整えてしまいました。
悪魔的に汚い部屋の主ですが・・・この日の行動力は大したもんだと見直しました。
小さな楽しみに目を向けさせてくれた子どもたちに感謝です。

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪
次号は6月14日(火)発行です。またお会いしましょう☆(*´∇`)ノ~。.:*:・’°



 



  • バックナンバーはこちら
  • 掲載の会社名・商品名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
  • 2022年5月17日時点の情報です。

 

MENU
PAGE TOP